Monday, 20/11/2017 | 9:38 UTC+9

利尿剤を使用する上で注意すべきこと

用量は絶対に守る

まず大前提として、用量は絶対に守るようにしましょう。
用量をオーバーしてしまうと、より強い副作用が生じる可能性があり、場合によっては大きな病を引き起こす可能性もあるのです。

脱水症状に気をつける

利尿が促進されれば、それだけ多くの水分が排泄されることになるので、脱水症状には十分に気をつけましょう。
適度の水分を補給するようにして、脱水症状にならないように注意をしましょう。

他の薬を服用している場合は

もしも、他に何か薬を服用しているのであれば、必ず医師に相談をして使用しても大丈夫かどうかを確認しましょう。
もし使用すべきでない場合は、ひとまず使用は控えるようにしましょう。

トイレに行けない状況に注意

利尿剤の効果はしばらくつづくので、もしトイレに行けないような状況になってしまうと、膀胱炎を発症してしまう可能性があります。
必ず、状況に応じて使用するようにしましょう。

必要な時だけ服用する

時々、ダイエットや美容など他の目的で利尿剤を使用する人もいるのですが、それもあまりオススメできることではありません。
あくまで治療するための薬ですから、必要な時だけ服用すべきだと言えるのです。