Tuesday, 6/12/2016 | 3:56 UTC+9

尿によって余分な物質を排出する

尿を出すことは、水分の調整や余分な物質を排出することが主な目的です。
したがって、もし尿がなかなか出なかったり、その量が少なかったりすると、腎臓に対して大きな負担を与えてしまうのです。
それを防ぐために、利尿剤を使用して尿を出やすくするわけです。

気軽に摂取していいわけではない

ただ、利尿剤はあくまでも薬ですから、気軽に摂取していいわけではありません。
しっかりと医師に診てもらい、医師の処方の元で使用する必要があります。
もちろん、使用する量もしっかりと守らないといけませんし、そこは勘違いしないようにしましょう。

他の利尿を促すものではダメなのか

例えば、アルコール類を摂取すると、かなり利尿効果が促進されますが、そういった利用を促すものではダメなのでしょうか。
これに関しては、あくまでも水分のみを大量に排出してしまうだけなので、利尿効果とは言えないのです。
むしろ、そういった方法での利尿促進は、かえって逆効果になってしまいかねないのです。

もちろん薬に頼らないのは1番

当然ですが、利尿剤はあくまでも尿が出ない時の最後の手段ですから、薬に頼らずに済むのであれば、それが1番だと言えます。
そのあたりも、しっかりと医師と相談した上で使用を決めるようにしましょう。